幸せのかけら 未分類
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クロックスの秋冬作品を見せて頂く機会がありました。
「 これ、履きたい! 」 「 コレほしい! 」 「 いいな~! 」
カラー、デザインはもちろん、履き心地もすごく良くて、思わず歓声をあげてしまいました。自分の靴も買おうと思いましたが、夫と息子に履かせてあげたい!と思ったスニーカーにも惹かれるものがありました。これいいやん! 
学生にもおじさんにもイケるじゃないですか。

メンズのスニーカー、ノーリンプリムスリップオン(写真左・水色)がコレです。
クロックス スニーカー水色と黒
▲ 軽量、快適なクッション性はそのままに、より幅広くスタイルに合わせられるシャープなデザインに。
▲ フッドヘッド部分にメッシュライニングを採用。よって、足が靴の中で滑ってしまうなんてことが解消。
▲ スリップオンタイプ、プリムタイムともにトレンドに左右されないデザイン性で、カラーバリエーション豊富に。
▲ バンドの部分のラインが、スニーカー全体にシャープ感がアップ。メリハリが効いてオシャレ。
▲ どちらもWEBのみ31㎝まであります。
デザインはいたってシンプル。とにかく軽い。中にマイクロファイバーが施され、歩きやすい。
コーディネートもしやすくて価格も手ごろ。買い替え率が高いのもうなずけます。

オールブラックのこのスニーカーは男性に好まれるそうです。
飲食業の方にも人気だそうです。オフィス履きとしても活用されているとか。
私は息子にこの靴を買ってあげようと思いました。
クロックス 男 ブラックスニーカー
このブラックスニーカーの詳細・購入はこちら>>【クロックス公式】 クロックス ノーリン プリム - Crocs Norlin Plim 23cm ブラック スニーカー

このブルーもとっても鮮やかでキレイでした。ジーンズはもちろん、白のパンツにも合いそう。爽やか感がアップしそう。ユニセックスなデザインは女性にも人気。子ども用のスニーカーとしてもバッチシ。
クロックス 男 ブルースニーカー

このブルースニーカーの詳細・購入はこちら>>【クロックス公式】 クロックス ノーリン スリップオン - Crocs Norlin Slip-On 24cm ブルー スニーカー

新作シューズのお知らせはこのバナー ⇓ をクリック
クロックス オンラインショップ


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。よろしくお願いします。
スポンサーサイト
毎日のように出かけています。
ママ友とのランチや飲み会も目白押し・・・。
そんな中、PTA(子どもが高校生になったというのに、
いまだにその活動に終わりなく・・・)の集まりやら、
社会見学などの行事やら・・・・。

タイガーに行ったことや、堀江の雑貨店巡りをしたことや、
HABA化粧品のことやら、ベルメゾンネットのことやら、
書きたいこともてんこ盛りになってはいるのですが、
なにしろ時間の使い方が、極度に下手なので、
毎日時間に追われ、毎日のようにまきが入っているの帰宅せず・・・。
なのに、夫がなにも言わないのをいいことに、
夕ご飯の時間も忘れ(?)、とび歩いている次第であります。

話はがらりと変わりますが、大阪で暮す私たちに吉本新喜劇は、
まさに、日常新喜劇であり(すべての大阪に住む人がそういうわけでは
ありませんが・・・)、
もはや、日常生活にしみついているといってもいいかも。

卓球をしていてミスをしたある人が「しまった~!」と言うと
必ず、誰かがそのあとに『しまった、しまった、島倉千代子』と続きます。
誰かが「ごめんやして」というと、それを受けた人が「おくれやして」と返す。
そんなことは、日常茶飯事です。

そんなときに、私はちょっと度を越してしまいます。
卓球のカウントで、「3:9」でスリーナインと言われたら、
「銀河鉄道」と言ってしまうのです(もちろん小さな声ですよ)。
「は?!」という顔をされて、スルーです。
あとから、フフフッと笑ってもらえることはありますが(苦笑)

それで、日々思わず言いたなることがいくつかあることを思い出しました。
もちろん、これから先も言うことはないでしょう。

スーパーで、買ったものを袋詰めしているときに、
ビニール袋を山のように、ぐるぐるぐるぐる巻きつけて、持ち帰る方がいらっしゃいます。
エコで、スーパーの袋を極力もらわずに、努力(?)している人から見れば
空しくなる光景であります。

そういう人を見るといつも言ってやりたくなるのです。
「いっそ、ローラーごと持って帰らはったらどないですか?」
エコポイントをもらって、サービスのビニール袋はてんこ盛りに持ち帰る。
なんか、おかしいと思いませんか?

かの漫才師、人生幸朗(&生恵幸子)師匠が生きていらしたら、
一喝お願いしたいところです。
「責任者、出てこ~い!」と。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。