幸せのかけら 進研ゼミ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子どもたちが幼稚園に入る前から、こどもちゃれんじのお世話になっておりました。しまじろうくんには、格別の思い入れがあります。そのことは、このブログでも書きました。

その、こどもちゃれんじが英語まで始めるとは。
その頃このカリキュラムがあったら、こどもたちにチャレンジさせてあげていただろうな、と思いながら
この記事を書いています。

息子と娘が小学生の時に、英会話スクールに通わせていましたが、その頃はなにがなんだか、
さっぱりわからなかった、と息子がときどきいいます。
苦手だった英語が、高校生になったときから、急に得意になり、今ではTOEICを受けようと
自らいろんなテキストを購入して勉強を始めているのですから、不思議なものですね。
小学生のとき、勉強しろ! とギャアギャア叫んでいた私がバカみたいです。

英語を習うときに、犬がdogであること、猫がcatであること、がわかっていたら、もっと英語が理解できたかもしれない、
と息子が言っていました。
こどもちゃれんじEnglishで まずは英語にふれさせてあげるといいかもしれません。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
↑↑ こどもちゃれんじEnglishの詳細はこのバナーをクリックしてください ↑↑
スポンサーサイト
しまじろうくんには、本当にお世話になりました。感謝しています。
息子が1歳3ヶ月の時に、娘が生まれました。そうです、年子です。

こどもちゃれんじは、早くから申し込んでいました。
歯磨きも、おしめからパンツへの移行も、こどもちゃれんじのカリキュラムにお世話になりました。

一人でできたよ、シリーズにも助けられました。
できたよ、とシールを貼ってはこどもはもちろん、私も喜んでいました。

ビデオもどれだけ見させてもらったことでしょう。
まだ小さいのにいつの間にか自分で、操作できるようになり何度も何度も見ていました。

息子がまだ小さいのに、すぐに妹が生まれたので,寂しい気持ちや自分を見てほしい気持ちを言葉で表すことはできません。
私たちが娘に気を取られていると
しまじろう人形を抱っこした1歳の息子が、さり気なくそばに来ます。
あ、さびしいんだ・・・・。
しまじろう人形が息子の気持ちを表してくれていました。

しまじろう小
よしよし、としまじろうを抱っこしている息子を抱っこしてあげると、
また安心して自分の世界に入っていってくれました。
いつしか、しまじろうを抱っこすることもなくなりましたが、常に成長の過程にしまじろうが
いてくれたと思います。

しまじろう人形に感謝しています。
妹ももちろん、進研ゼミこどもちゃれんじを受講。しまじろう人形を大切にしています。
それぞれに、洋服の色も違って、教材も違っていて、どんどん良くなっているのを見て、
こどもちゃれんじは、日々向上を目指しているのだ、と感じたりもしました。

しまじろう人形ストーリーは、きっと子どもの数だけあるのでしょう。
これからも、ずっと、子どもとともに成長していってくれると信じます。

しまじろうくん、ありがとう。
おかげさまで、こどもたちは、とても優しい気持ちの持ち主に育ってくれています。
もちろん反抗期もありました。今もある意味全く言うこと聞きませんが、それは自立心なのだと
自分自身に言い聞かせております。



ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

しまじろうと一緒に豊かな体験を<こどもちゃれんじ>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。