幸せのかけら セブンイレブン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンビニ、以前より活用しています。
ファミマTカード、ローソンカード、持ってます。
でも、nanacoカードはまだ持っていません。

最近、私の中でセブンイレブン人気上昇中。
先日も日曜日、昼から友人たちとランチして、その後はお決まりのようにお茶。
ケーキセットがめちゃ美味しい^^
写真はまた後日アップしますね。
午前11時に集合したのに、解散は夜の7時。
まさに、セブンとイレブン。
帰路、自転車に乗りながら、ひとり笑う。

ご飯、何も作ってない。
また、やっちまった~っ!
夫からは、飲みに行くことになったからご飯はいらない、と
連絡があったのを、これ幸いと、な~んもしていない私。

子どもたち、お腹すかしてるだろうな~。
「え~い、レトルトと冷凍でいいか!」

キューンと急ブレーキをかけ、セブンイレブンの前に自転車を止める。

冷凍のグラタン、ピラフ、ギョーザ、おにぎり、
いろんなものを買いこんだ。
デザートも美味しそう。
奮発しちゃえ、ケーキも買っちゃえ~。
ハイボールもビールも買っちゃえ~。

こんなにたくさん買うのなら、nanacoカード作ったほうがいいな。
せっかく作るなら、クレジット機能があるセブンカード・プラスがいいかも。
ネットで申し込めば、最大2,000ポイントももらえるのも魅力。
私の場合は、セブン銀行からの引き落としにはしないから、
支払い名人登録をして、1,500ポイントが加算されるということになりそう。



最近、イトーヨーカドーでも、よく買い物することだし、
この際、作ってみようっと。
イトーヨーカドーの現金専用のアイワイポイントカード、持ってるけど、
クレジットで買うときは、ポイント貯まらないし・・・。
セブンカード・プラスなら、クレジットもオッケーだし。
楽しみ。有効活用できそう^^
公共料金も、nanacoポイント貯まるのも魅力。
セブンネットでも活用できそう。

セブンイレブン人気、私の中でますます上昇中!

あ、それから、これは余談ですが、
あの日、電子レンジを使いまくったせいか、
結婚当初からずっと大事に、使っていた電磁レンジがついに音をあげ、
ボンッ! と、すさまじい音を立てたきり、壊れてしまいました。

電子レンジ、さぞビックリしたことでしょう。
餃子2分、冷凍スパゲッティ10数分、冷凍ピラフ8分・・・・。
グイーングイーンと作動しっぱなしでしたから。
やれいけ、それいけ、とレンジ使いまくりの結末が、コレです。

唯一、結婚当初から使用していた家電がついに終わりを迎えました。
これまた、思わず笑ってしまいました。

娘が「こんなに急激にレンジ使いまくって、壊れるの当たり前やん!」と
言い放っておりました。
スポンサーサイト
見ました! 中居正広のキンスマ。
今日のゲストは、
株式会社セブン&アイ・ホールディングスの代表取締役会長、
鈴木敏文氏。

日本にコンビニエンスストアがなかった40年前、
セブンイレブン第一号店を誕生させ、今に至るまでの
成功と成長の秘話に、胸が熱くなるものを感じた。
その店主が、今も元気にお店で販売しておられる姿に感激した。
その、誕生のいきさつには、熱い情熱がみなぎっていた。
今も、感謝の気持ちでいっぱいだと語る店主の言葉は、
心にしみた。

そのドラマは、NHKのプロジェクトX 的ではあったが、
役者陣もよくて、どんどん引き込まれていった。
営業の交渉がうまくいかずに、
肩を落として会社に戻ってきた彼らに
鈴木さんが、最初に抱いた夢を語ると、
「もう一度行ってきます!」と、
再び会社を飛び出していく社員たち。

鈴木敏文さんの人間的魅力がおおいにあるだろうに、
「みんな必死でしたからね・・・」と鈴木さん。
その謙虚な姿勢にも頭が下がる。

この2時間スペシャルの最後にプレゼントがあった。
土曜日(7月7日)の朝8時までに、セブンイレブンで
100円以上の商品を購入したレシートを送ると
1000円分のクオカードが当たるという。

最初は、こんな雨だしやめておこう、と思っていたが、
テスト勉強で起きていた娘と、行ってみようか、と、
二人でふらふらと、セブンイレブンに買い物に。
こんな雨の真夜中、誰も歩いていませんでした。
娘と話をするにも土砂降りの雨の音で、何も聞こえず、
会話にならず・・・・。
でも、楽しかった。

もち、番組で紹介されていた、コレ、買いましたよ。
7-11  ロールケーキ

ほかに、いっぱい買ってしまった。
ついでに、近くの別のコンビニにも寄り買ってしまったので、
とうに購入合計金額は1000円をこえてしまった。
本末転倒(?)という気もしないでもないのだが、
まあ、こういうキャンペーンに踊ってみるのも悪くはないか。

中居君が、最後の質問で鈴木さんに聞いた。
ライバルは?
「他社競合でもなく、時代のニーズです」という言葉が
印象的だった。懐の深さを感じた。
お客様にとっていいことを、追及、提供していくという
ぶれない姿勢に、懐の大きさを感じた。

いっぺんにセブンイレブンのファンになった

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。