幸せのかけら 小旅行
東京に行ってきました
7月14・15の1泊2日の小旅行です。
ひょんなことから、妹と東京に行きたいね、という話になり。
あれよあれよと話がまとまり、JTBの窓口に行くと
どんどん話が進んでいきました。

大学受験を控えている子どもがいるのに、
そんなことにお金を使っている場合やない、
と二の足を踏んでいる私に、「私が招待してあげる」と太っ腹発言の妹。
そ、そ、そんな嬉しいこと言ってくれちゃって。
ええんかいな?

数年前に妹と母に2泊3日の鎌倉旅行をプレゼントした、恩返し(?)と
言うではありませんか。
おお妹よ、持つべきものはきょうだいね、ってことで、行ってきたわけです。

銀座・浅草を満喫してきました。
初日は、弟のお友達が銀座・浅草を案内してくださることになり、
これまたご好意に甘えてしまいました。
私より3歳年下の弟の大学時代のお友達で、
それはそれは、手厚い接待をしてくださり、楽しいひと時を過ごせました。
浅草

銀座では雨が降り、けっこう小走りであちこちを駆け巡りこれまたいい運動に。
鳩居堂や、室井茂さんがはなまるマーケットでおめざで、
紹介していた大角玉屋・銀座店で
『笹生姜』と『いちご大福』を買ったりしました。

晩ご飯は、浅草の蕎麦屋さんで。
弟の話だけではなく、いろんな話に花が咲き、本当に楽しい時間でした。
私たち、姉妹はときどきハモリながら、同じ質問をしたり・・・。
よくぞ、こんな大阪のオバチャン二人にお付き合いくださいました。
ほんとうに感謝感激なのでした。

その方が大阪に来られたときには、ぜひ大阪の街をご案内したいものだ、と
妹と話したものの、
弟とじっくり話したり飲んだりしたほうが楽しいに決まっているか。
大阪のオバチャンの出る幕はないかもね。
どうぞ、今後とも我が弟と仲良くしてやったくださいまし。

その日は、楽しい会話の余韻に浸りつつ、妹とホテルへ。

ホテルは、浅草
部屋からスカイツリーが見える部屋を予約できて、ラッキー。
っつうか、これも料金アップで取ってくれた妹に感謝。
部屋からのスカイツリー
▲部屋の窓から見えた東京スカイツリー

明日はスカイツリーだね。
部屋から見えるツリーを見ながら話しました。
そうそう、妹が大好きな、お犬ちゃんにも会いに行けるのね。
楽しみ楽しみ。

でも、もう明日帰るのか。
早すぎやん。

翌日は、妹のお友達にデトックス・アロママッサージ
施していただき至福のひと時を満喫。
からだがすっかり軽くなり、気持ちもリフレッシュ。
かわいい、お犬ちゃんにも会えて、私も感激。

このごろ、いろんなお犬ちゃんとの出会いがあり、
これまたとても嬉しくもあり、不思議でもあり。

さあ、いよいよ東京スカイツリーだ。

これまた、走って走って、東京スカイツリーに向いました。
今回の旅のキーワードは『走る』。

ところが、まったく進んでいない私。
アカン! 足が上がっていないんだ。
ちょっと太りすぎ?

気ばかり焦る。
さっきの至福の時間が吹っ飛ぶぐらいの勢いで走りぬけ、
やっと、東京スカイツリーに到着。
東京スカイツリー下から見上げる
ドドーッと、エレベーターで昇ること数秒。
高所恐怖症の私は、何かだ落ち着かず・・・・。
そそくさと、降りてまいりました。
タワーの下が透け透けの、ガラスの床にも片足置いただけ。
置いたというか、添えたというか。
なんのこっちゃ? って感じでした。
下から、ツリーを眺めて何枚も写真を撮り、
首がつってしまいました(苦笑)、からだ堅すぎ・・・。

お昼ごはんにありついたのは、午後3時過ぎ。
「お腹ペコペコや~」。
東京らしいもん、食べよう、と意気込んだものの、入ったお店は
大阪にもあるような洋食屋さん。
なんで、こないなことになるんや?
東京スカイツリーで昼ごはん

ついでに、お茶も行っとこか。
東京スカイツリーでお茶

ゆっくりできたのは、つかの間。
そこから、またまた走る走る。
東京駅へ。
おみやげ、買えてない!
焦りに焦って、東京駅を走りまくる。

以前、いただいておいしかった「東京イチゴ」買いたかったのに、
見つけられず。焦る!

半ばやけくそでやっと、買えた。
ついでに、新幹線内で食べるお弁当とビールも買う。

発車ぎりぎりに新幹線に乗り込む。
あ~、危機一髪。乗るやいなや発車!

ほんまに楽しい旅行でした。
あっという間に、楽しい時間は過ぎてあれよあれよというまに大阪へ。

また、行きたい、東京へ
またまた東京への夢はふくらむのでした。

あっ! 東京で二人で撮った写真が一枚もない!
新大阪についたのは夜の10時過ぎ。
しかたなく、新大阪でペア写真を撮ってもらうことに。
なんで、大阪でやねん? って笑いながら「はい、チーズ」

妹はJR、私は地下鉄なので、そこで解散。
お名残り惜しい気持ちを抱きつつ、帰路につきました。




スポンサーサイト