幸せのかけら 本 内野久美子著 『植物の力』
内野久美子さんの著書は、ほとんど読んでいます。
中学時代のお友達が私の誕生日に『 トータル・バランス 』 という、本をプレゼントしてくれたことがきっかけで。

その後も、そのお友達から、何冊か内野久美子さんの著書をいただき、
すっかりファンになってしまいました。
内野久美子さんの本は、すっと読めてしまうのですが
奥が深く、「?」 と疑問に思うことが毎回でてきます。
そして、その文体にも毎回違った印象を抱いてしまいます。
あるときは、スーッと馴染んで癒やされたかと思うと、
あるときは、その文体がとてもきつい表現に感じ、
上から物申されたような気分になり少しきが滅入ったりするのです。
何なんだろう、この読後感の差は。
読み手のコンディションが、こんなに影響するのか? と思わざるをえません。

あるとき、 度々再読している『 植物の力 』 を読み、目から鱗が落ちたような感覚になりました。
植物の力
なにげにかかえている不安や自分のおごった気持ちが
スーッと洗い流された気がしたのです。
うまくいっていない現実(?)があるとしても、
ぜ~んぶそのままでええんや、と思え、ぐっすり眠れるようになりました。
ここにたまたま生きて(生かされて)いるけど、地面をお借りしているんだ、と。
この星の主役は植物だ、といういことだとすると、
地球におじゃまさせてもらってるんだな、と。
道で出あう木々たちに、挨拶したくなりました。

で、先日、「 植物の力 」 をまた読み返しましたら、
また違った感をいだくことに。
ここで、内野さんが書かれているような、グッドタイミングは
そうそう訪れるもんではない気がして。
私にはそんなビジョンは微塵も見えません、といじけた気分になりました。
というのも、一日中テレビを見たいくらいの私、
ケータイゲームにもハマっている私には無理なはずか?
 
日々、雑念と焦りの中で暮らしておりますし(苦笑)。
内野さんが、都内に土地を見つけ家を立てていく過程が、
実に興味深く書かれています。
多かれ少なかれ、そんな経験をしながら仕事を見つけたり、
住む家にであえたりはしているのですが・・・・。

この本に書かれている、植物の聖地、フィンドホーンというところに、
行ってみたいな~。フラワーエッセンスにも興味があります。
植物を大切に思う気持ちを育みながら、生きていきたいとも思うわけです。
内野さんは、この本と、トータル・バランスがセットだとおっしゃっています。
この2冊とも、それぞれ何度も読みたい1冊であります。
友達から教えていただいたこの本を私も、数人のお友達に紹介しました。
彼女たちも、また何度も読んでいます。
友人に回していると報告してくれました。

リンクさせていただいている、クニさんのおうちやさい、と
gochさんの こんなの見っけ! というブログを読み、そうだ、彼女たちに、
そして、この『 幸せのかけら 』 を読んでくれている方たちにも、
この本をご紹介したいと
思い、記事にしました。

日々の暮らしを生きる中で何かのヒントになればと、思います。

植物の力―潜在意識を支えるもの

Amazonでの購入は>> 植物の力―潜在意識を支えるもの
楽天での購入は>> 植物の力 [ 内野久美子 ]

同じく内野久美子さん著の 『 トータル・バランス 』 という本は、
今は絶版になっていますが、 『 自分を表現して生きる 』
そのトータルバランスで書かれた内容をさらにまとめられ全面改訂版を目指したとのことです。
が、私は 『 トータル・バランス 』 の再出版を期待します。
自分を表現して生きる


自分を表現して生きる―進路を見つけキャリアを育て手ごたえのある人生をおくる

Amazonでの購入は>> 自分を表現して生きる―進路を見つけキャリアを育て手ごたえのある人生をおくる
楽天での購入は>> 自分を表現して生きる [ 内野久美子 ]


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。よろしくお願いします。
スポンサーサイト