幸せのかけら 2011年08月
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この作家、奥田英朗の作品で読んだことがあるのは、『空中ブランコ』のみ。
今、読んでいる作品は、『家日和』 (集英社文庫)
「サニーデイ」は、ネットオークションにハマる主婦の話。
何気ない日常生活の中で、ふとしたことで深みにハマっていく。
「ここが青山」では、リストラされた男が主婦業の中に、小さな喜びを見つけ、
やがて、その暮らしの中に自分の居場所を見出していくいくさまが、
実に細やかに描かれていく。
なぜかドキドキしてくる。

誰もが抱きそうな感情を、こんなに巧みに表現できるなんて、スゴイ。
ふだんの暮らしの小さなことを大切にしているからこそ、書けるのだろうか?

そういえば、8月27日の朝日新聞の広告に、この著者の広告が出ていた。
『我が家の問題』(集英社)
ささやかだけど悩ましい、ため息とほほ笑みの家族小説、との宣伝文句。

読んでみたい! と思った。
買うべきか、図書館で借りるべきか・・・・思案中。
スポンサーサイト
お盆は。夫の実家、卓球仲間との女子会ならぬオバ会、墓参り・・・などで
連日外出しているうちにアッという間に終わってしまった。
年々、猛スピードでこういった行事が終わっていく・・・。

そんな中で、私が一気に読み終えた小説は、東野圭吾の『夜明けの街で』。
不倫する奴なんて、馬鹿だと思っていた主人公が、派遣社員の女性と恋におちる。
どんどんその女にのめりこんでいく。やがて、その女がかかえる複雑な事情を
知ることとなり、いつの間にか巻き込まれていく、という内容だ。

ドキドキ・・・・、ワクワク・・・冷や冷や。
ラストに近づくにつれ、読むスピードを緩めたい衝動にかられたのは、
久々のことだった。
実際は、読むスピードはどんどん早まり、眠れないくらい読みふけり
明け方の4時には読み終えてしまった。

この小説は映画化され、この10月には上映される。
配役がだれか、知ってから読んでしまったので、イメージがその方たちと
かぶってしまったのが残念。
東野圭吾作品は、テレビドラマ化、映画化されたものが多いので、
見ていたが、小説を読んだのはこれが初めて。

これからも、読んでみたい作家のひとりとなった。
連ドラ、見まくりハマりまくりの日々。
月9の「全開ガール」に始まり、木=「それでも、生きてゆく」、
土=「ドン・キホーテ」、日=「華和家の四姉妹」にいたるまで・・・。

どのドラマもそれぞれストーリーに味があり、個性的で面白い。
配役もバッチシで、見ごたえがある。

そんな中で私の期待を裏切ったドラマがある。
火曜日放送の「胡桃の部屋」だ。向田邦子原作のドラマと言うことで
期待しすぎたのだろうか。
初回から、何か物足りないものを感じた。

そして、思いだしたのが、お正月放送していた≪向田邦子スペシャル≫。
田中裕子さん、田畑智子さんが娘役、加藤治子さんが母親役だった。
音楽は小林亜星さん、演出が久世光彦さんだった。

毎年お正月に、このドラマを見るのを楽しみにしているうちに、
小林亜星さん作曲のテーマ曲が流れてくるだけで、
ジーンと胸がしめつけられ
目頭が熱くなったものだ。

生きていくことの切なさや、虚しさ、そんな中でめぐり会う
出会いと別れのときめき、悲しみのようなものが感じられた。
ドラマを見た後、思い出したように
向田作品を読み返していた。

今回のドラマを見て、読み返している本がある。
『向田邦子との二十年』 久世光彦・著 (筑摩書房)
向田邦子との二十年 (ちくま文庫)向田邦子との二十年 (ちくま文庫)
(2009/04/08)
久世 光彦

商品詳細を見る


演出家・プロデューサーであった作者が、向田さんと仕事をした思い出や、
仕事への熱い思い入れや向田さんへの気持ちが書きつくされている。
向田邦子という人が、どれだけ魅力的であったか、が
余すことなく書かれている。
はじめまして、のご挨拶にコメントをありがとうごさいます。

gochさん、アスカさん、クニさん、ととろさん、蕗代さん、読んでくださってありがとうございます。

今日は一日外出しており、お一人お一人へのコメントの返事は明日にします。

うれしくて、日記にお礼の気持ちを書かせていただきました。

「感激、感激、うれしいわ~」と喜んでいると、

お風呂上がりにドライヤーをかけていた娘が

「なんて? 分度器がどうしたって?」というので、

「人生に感激してるの」と言うと

「え? 人生に反撃?」と聞き返してきたので、皆さんにコメントをいただいて感激しているのだと

伝えると、なるほど、と笑っていました。

聞き間違い、が多いのは親子そっくりです。

そんな私ですが、今後ともどうぞよろしくお願いします。
チャオです。
「いつかブログをやってみたい」と思っていました。

やっと登録したものの、テンプレート選びに悩み、タイトル文字をもう少し
大きく出来ないかな? と、本を片手に悪戦苦闘。
写真はどうするのかな? 
しばらく何も書いていなかったので、何を書いていいのやら、サッパリわからない。

今見ているドラマのこと書いてみたら、
自分でも可笑しいくらいカッコつけた文になり苦笑。
そうこうしているうちに、7月から8月になってしまった。

このままでは、登録しただけで終わってしまう・・・・。

そんな時、まずは「はじめまして」のあいさつだけでもいいんだよ、
というアドバイスをもらい肩の力が抜けました。

これから、日々感じたことを綴っていきたいと思います。
チャオです。
よろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。