幸せのかけら 『レ・ミゼラブル』観てきました^^
この映画が上映された時から、観たい、と思っていました。
土曜日に卓球の練習をしたときに、練習友達と観たい映画の話になり、
一緒に行くことになり、行ってきました。
レミゼラブル

午前の一番早い時間の上映だったにもかかわらず、ほぼ満席。
すごい人気なんだと、実感。

始まってから、ラストまで、ぐいぐいひきこまれていきました。

コゼットが恋をするあたりから、ラストまで、、
涙があふれて止まりませんでした。

ジャン・バルジャンがコゼットを愛し、
また彼女の恋(人生)を応援していく気持ちの変化には、
人間のすごさを感じました。
「愛とは、生きる力」と、サブタイトルにもあるように、
まさにそのとおりなんだ、と・・・・。

歌もすばらしかった^^

久しぶりに魂が揺さぶられる映画に出会えて感激。

ああ、それにしても、感動を言葉にするのはなんとむずかしいことか。
自分の稚拙な文章力が恥ずかしいです。

こんな文章を読んでいただきありがとうございます。

そういえば、夫がこの映画を観る前に、
この監督の作品を観てから言ったほうがいい、と力説していたっけ。
そんなこと、まったく無視して勝手に行ってしまったわ私でした(苦笑)。
もう一度、私と一緒に行きたがっている夫と行ってあげてもいいかな。

今日は、映画の後、ランチを食べてから、
卓球の練習にも行ってきました。
終わったら夕方5時過ぎ。
あちゃー、ご飯の支度をしていなかった。
あわててスーパーに行き、買い物。

夕方以降は、ドタバタ劇。
焦れども、焦れども、ご飯は出来あがらず、
子どもたちからブーイング。

現実を、しっかり生きなきゃ、と我に返ったのでした。




スポンサーサイト
コメント:
よかったですね♪
感動は人生の糧になりますよから!
映画館に閑古鳥が鳴いているのは珍しくないようですから、「レ・ミザラブル」は大人気作品なのですね。
新年早々、至福のひとときでしたね(^^)
2013/01/08(Tue) 19:17 | URL | アスカ | [編集]
アスカさん
アスカさんのブログ、いつも感動しています。
お年玉のエピソードには、ジーンときました。
我が家も子どもたちには、お年玉を上げたことがありません。
幸い、親戚からこのときだけ、実にたくさんのお年玉をいただくからです。
子どもたちのために使うことこそできても、貯金ができていないのが、
申し訳ないですが・・・・。
子どもたちが成長し、いつの日か、
きっとわかってくれる、と私も信じています。
2013/01/09(Wed) 00:48 | URL | チャオ | [編集]
映画
もう映画館に行かれたんですねぇー。
私も気になってる映画が何本かあり(「レ・ミゼラブル」もその中の1つですー)早く映画館に行きたいーと思いつつ正月疲れや(食べ疲れ?胃をやられました。)雑用に追われまだ行けてません。
録り溜めしてる映画もたくさんあるんですがやっぱ映画館で観るのがいいですよね~、早く行きたいなぁー。
2013/01/09(Wed) 16:25 | URL | クニさん | [編集]
クニさん
映画って不思議ですね。
見なければ見なくて、平気なんですが、
映画館での魅力に見せられるとまた通ってしまうんですよね。
クニさんのブログの映画評、
いつも楽しみに読ませていただいております^^
2013/01/10(Thu) 01:27 | URL | チャオ | [編集]
すっかりご無沙汰してしまいました
受験生がいるので、冬休みは塾、塾、塾…の毎日。私は、ご飯、ご飯、ご飯…の毎日。
年末年始も、いつしか去っていました。

映画かぁ…

長いこと、行ってないなぁ。子どもたちが小さい頃行った「ポケモン」以来行ってないのでは??(笑)

チャオさん、いいですねぇ。
映画にランチに、卓球…充実していますね。

私も、早く時間がほしい!
2013/01/10(Thu) 14:15 | URL | みるくカフェ | [編集]
みるくカフェさん
いよいよ受験ですね。
みるくカフェさんのサポートがあるから、
子どもさんたちも心強いと思います。

もう一息ですね^^
応援しています。

わたくしのほうは、卓球はまったくです。
いつも心の片隅で、やめたほうがいいのでは? 
という自問自答が・・・。
2013/01/11(Fri) 18:36 | URL | チャオ | [編集]
行って来たで!
お姉ちゃんのブログを読み、“そんなにいいんやったら行ってみよ”と思い、友達誘って行って来た。レッスンの後、しかも満腹になって行ったから、寝てしまうんやないか、、、と心配してたけど、ビックリするくらい集中してた。
途中までは“お姉ちゃん、どこがいいんよ!!”って思ってしまったけど、私はあの子役のいろんな場面での大活躍に胸打たれ、あの勲章を付けてもらうところは号泣しそうになった。その後はお姉ちゃんと同じ、コゼットとそれを守る父の姿に胸を打たれた。
あまりにも壮絶なシーンや、エンディングの曲の素晴らしさで、終わってからちょっと腰が抜けた感じだった。
普段あまり映画行かないけど、行ってよかったわ。またいい映画あったら教えてな。とりあえず予告で「東京家族」が気になったわ。
追伸:お義兄さんの言うとおり、確かに予習して行ったらもっと中身を楽しめた気がするよ。
2013/01/20(Sun) 00:13 | URL | 君の妹 | [編集]
私の妹よ
今度、私が君の姉さんと呼ばれていたことを書かねば、と思いました。

見ましたか。
迫力ある映画だったよね。
今日は、君が気になっている「東京家族」見てきたよ。
またまた泣けてね~。
また、ブログにて。
2013/01/21(Mon) 00:47 | URL | チャオ | [編集]
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事へのトラックバック: