幸せのかけら 『東京家族』 泣け(泣き)ました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『東京家族』
夫と観てきました。
まさに、ベスト配役のすばらしい作品でした。

東京家族

それにしても、映画の感想というのは、書くのが難しいですね。
これから観る方のことを思うと、あまり内容やせりふは描かないほうが
いいような気もするし・・・・。

この映画でも、あるせりふが琴線にふれ、その後は何を見ても涙、涙、と
あいなってしまったシーンがありました。
吉行和子さんが、自分の家(瀬戸内の小島にある)にあずけてきた犬を
散歩してくれているゆきちゃんをほめるあの電話の会話からです・・・・。
あのせりふを聞いたとき、ジーンときて、涙がひとしずく落ちました。

そこからが、もう、あきませんでした。

ラストの小津安二郎監督に捧げる、というあのテロップを見ただけで、
またまたこみあげてくるものがあり、困ってしまいました。

映画を見た後、夫と居酒屋でいろいろ話しました。
普段は無口な彼ですが、映画と小説の話になると饒舌になります。
お酒がないと駄目なのが、イマイチですが(苦笑)。
私が不機嫌なときは、お酒の力を借りないと、しゃべれんのか! 
けんかの素となる、わけですが・・・・。

お金に余裕がある時~(どんどん飲み飲み)、
お金に余裕が無いとき~(1杯だけにしときや!)、
「蓬莱の豚まん」のテレビCMのように、気分が違う私です。

『東京家族』について話は尽きず、
夫は、こんなエピソードも話してくれました。
山田洋次監督は、黒沢監督がいつも小津監督の作品を見ていたのが
なぜなんだろう、って思っていたけど、
ある日、それがわかった! というエピソードや、
小津安二郎監督の『東京物語』を観たときの衝撃
(最初はよくわからなかった・・・)、何度も観るうちに感動!
あの映画が今も世界で賞されているその完璧さ....など、
いろいろ話してくれました。

「また淀川ってきてるで~」と私。
淀川長治さんを髣髴とさせる話であり、ときにくどく、
ときに涙をさそうくらいの話振りで、しばし楽しませてくれました。

それだけ熱く語るので、
「次は、東京物語を見なアカンな~」と言うと。
「あなたは、寝てしまうかもしれませんね」とひとこと。

「なんやて?!」
「それぐらい、完璧で完成された作品なんですよ!」
ど、ど、どういうこと?
ちと、バカにされたような気持ちになりつつ、店を後にした。

なんと、千鳥足の我が夫。
奴も年をとったものじゃ、と6歳年下の彼をみて、
少し寂しくなった。
6歳年下の若かりし彼は、今いずこ。
同じく私もすっかりオバハン。

この「寂しい」という感覚も、「東京家族」の名残じゃろう。
スポンサーサイト
コメント:
ご夫婦仲が良くて
最高ですね!
好きな映画をご一緒できて、楽しく飲みながら語らい合える……何よりだと思います♪
素敵なひとときでしたね。

(何故か、森明日香と表示されました)
(お気軽にアスカと呼んで下さって構いません♪)
2013/02/07(Thu) 14:10 | URL | 森明日香 | [編集]
分かるよ~
ほんと映画ネタは難しい~って思いました。
でも懲りずに他のも観たい~!

そしてそして~知らんかったわ!!!
ご主人は6歳年下やって~~~
でもマジで仲良しやん~羨ましいe-454
2人で居酒屋~素敵ですe-266
2013/02/07(Thu) 18:49 | URL | goch | [編集]
映画
わぁ、チャオさんもgochさんも御夫婦仲良く映画鑑賞されてきたんですね~。
うちの旦那は「一緒に映画に行ったてもええで。」と恩着せがましく言ってますが結婚後は一回も一緒に行った事ないです。
居酒屋はよく行きますけど・・・

「淀川ってきてるでー」ってウケました!v-411
2013/02/07(Thu) 19:47 | URL | クニさん | [編集]
アスカさん、gochさん、クニさん
アスカさん
思えば、子どものことで意見が合わ無いことが多々あり、
以前のように仲良しではなくなっている現実で・・・。
こういう時間を自分たちで作ることも必要なのですね・・・
アスカさんのコメントからそう感じることができました。ありがとう^^

gochさん
お互い、また映画の感想、ブログアップしましょ!
先日、DVDで『阪急電車』を見ました。
またその感想もアップするね~。

クニさん
「行ったってもいいで~」にもウケました^^ 
居酒屋で、ご夫婦でどんな話されるんですか? また教えてね。
淀川長治さんのこと、またブログアップしますね~。
2013/02/08(Fri) 09:00 | URL | チャオ | [編集]
おはようございます
チャオさんに教えて頂いてレ・ミゼラブル見て、無事泣けました。次は東京物語行きます
2013/02/08(Fri) 09:16 | URL | みりどらむ | [編集]
みりどらむさん
そうでしたか。
では、次はぜひ『東京家族』を観てみてください。
感想聞かせてね~^^
2013/02/08(Fri) 23:39 | URL | チャオ | [編集]
母を連れて、行って来た。「徹子の部屋」に橋爪功と吉行和子が出てたのをたまたま母が見て「行きたい」と言ったのもあった。ココアちゃん(注:愛車です)で、行ったよ。
感想は、、、。泣けたところはところどころあったけど。まだまだあかんね。あの映画の真髄はわからずじまいのような気がする。これからいろんな映画を見て、もっと中身をわかる人間になるわ。
PS.わてらも一時は『東京家族』やったなぁ。
2013/02/20(Wed) 23:47 | URL | 妹より | [編集]
君の妹へ
足のおぼつかない母を連れて行ってくれてありがとう^^

そうだね、私たちも『東京家族』だったね。
君は東京生まれだものね。父と同じだね。
そのことについてもまた書いてみます・・・なかなかだけど(苦笑)
2013/02/23(Sat) 01:27 | URL | チャオ | [編集]
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。