幸せのかけら 無事に引っ越し、完了
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
思えば、引っ越しの多い人生です。
小学校、中学校、高校・・・と転勤族の父のもと、兵庫県、東京、大阪へと引っ越しました。自分が引っ越さなくても、小学校、高校がお引越ししてしまったり、会社勤務のおりも、何度も会社ごとのお引越しを経験しました。

結婚後も何度か引っ越しをすることになり、子どもを出産してから落ち着きました。子どもとともに20年近く住んだ家を越すことになりました。

年齢をとってからのお引越しがこんなにしんどいものだったとは!
まず、段取りがうまく行かず、計画倒れ。
家族に迷惑かけてしまいました。
子どもたちに荷造りができてない、と喚き散らしていたのに、できていなかったのは私でした。結婚当初、逆算の大切さを夫に唱えていたことがウソのような、誤算だらけで、夫や子どもが目を丸くしていました。

最後には、子どもたちに荷造りを手伝ってもらうことになりましたが、アウト。
間に合わず。あとは、自力で運ぶことに。

このお引越しを機に、目指せミニマリスト!
生まれてきた時は何も持ってないしな。死ぬときも何ももっていけないしな。って、我が身に言い聞かせてみるものの、あれも、これも、と捨てられない。
思い切って捨てたものの、まだまだガラクタとおさらば出来ない。
こんまり(近藤麻理恵)さんを見習い、ときめくものだけを、ということでスイッチ入れてみましたが、
ほとんど、ときめかないものばかりを持っていることも実感。大いに笑えます。

ときめかなくても捨てられんのじゃ~!
なかばヤケクソ。

子どもたちの幼稚園時代の連絡帳1冊も捨てられない。
子どもたちが書いた絵さえ、愛おしい。

思い切って小学校時代の連絡ノートを捨てました(半分ですが・・・)。
すると息子が、「お母さん、思い出になるものは勝手に捨てないで。僕らが選んで捨てるから」
それよりお母さんが買った100円ショップのプラスチックの安物を捨てたほうがいい。お金で買えるものはどんどん捨てて、お金で買えない物は捨てないで」 と言うではありませんか。

どないしたらええねん? ますます、頭がごちゃごちゃに。
時折、目にする子どもたちの幼き日の写真に大笑いしたり、懐かしすぎて少し泣けたり。

ときどき、こんなふうに家の荷物をひっくり返すのはいいことなのね。
それにしても、引っ越しは体力がいる
ちっちゃい家への引っ越しでも金がかかる

しんどい、若くない。アカン。無理、

ネガティブキーワード連発。

それでも、その日がきたら、引っ越しました。
家の中は、ダンボールの山でありますが、少しづつ荷解きしていきますわ。
息子は一気にしてしまうべきだ、と言ってきますが、こちとら、そんな体力ござんせん。

このブログも全く更新できず、広告が貼りだされることになっておりました。また、記事更新いたします。
よろしくお願いいいたします\(^o^)/


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。よろしくお願いします。
スポンサーサイト
コメント:
お引っ越し
わぁ、お引っ越しされてたんですね。
お近くに越されたのかな?
私も6年前に引っ越しした時には疲れ果てました。

こんまりさんの本は私も読んだばかりでまだやる気が持続していますのでせっせと片付けています。
でも娘の置いてったモノは勝手に捨てられないし何十年も出していない五月人形は捨てるのも怖いしってんでなかなか進みません。ミニマリストへの道は遠いですよね。

お忙しいでしょうが寒い時期なのでお身体に気を付けて下さいね。
2016/02/09(Tue) 09:29 | URL | クニ | [編集]
引っ越しって疲れるものなんですね(苦笑)
箱に入れて運び、またすぐにその箱を開けるんですものね。
考えただけでゾッとしますわ。
箱に入れている時は、ココにとわかっているのに、
ふたをしたとたん、あれはどこ? という状態になりますしね。

人形、捨てられませんね。
雛人形、五月人形、どうすればいいのやら。
2016/02/10(Wed) 01:01 | URL | チャオ | [編集]
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。