幸せのかけら 毎日お風呂には入れて、普通に暮らせる日行がいかに幸せか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人生にはいろんな時期がありますね。
振り返ると確か、30代にもちょっとそんな時期があったように思います。
どう乗り越えたのか、なんとか乗り越えてきたのは、
やはりいろんな「おかげ」の働きだったようにも思います。
それから、周りの人たちです。
いろんな人達に助けられ、見守られていたようにも思います。
ふとした御縁で、パートの仕事につくことができました。
7月半ばまでの繁忙期に、お役にたてることができると引き受けました。
その時期だけ土日も働くってことで、意気込んでおりました。

独身の時は深夜まで働くパワフルぶりを発揮していましたが、
結婚後は子育てを理由にどっぷり専業主婦
楽な方へ楽な方へと流れておりました。

子どもが物心ついた時から言われていた言葉、
「世の中のお母さんたちは、もっと仕事してるで!」

この度の仕事をして、それがよくわかりました。
皆さん、ダブルワークをしておられる。
そうか~、ほんとうだ、本当に一生懸命仕事して稼いでおられる。

なるほど、私も頑張るぞ! と意気込んだ矢先のことです。
金曜日の夜、1時間残業して夜の8時ごろ、スーパーに寄り自転車で帰る道、
暴走自転車を避けそこね大転倒。

「ぐわ~ッ」という叫び声を上げ、自転車ごと倒れました。
数名の方が駆け寄ってきて、飛び散ったスーパーの袋、かばん、などを拾ってきてくださいました。
その男の子も、私のかばんを持ってそばにいました。
困ったような表情で。

メガネが壊れ、顔と手から血が。
一番痛いのが両膝。

さて、どうしよう。こんなときどうすればいいんだろう。
彼のケータイの番号だけを聞きました。
学生保険に入っているかということと、お母さんと話せますか? 
とだけ聞きました。保険には入っていないと思います、と声を大にして言っていました。
母子家庭なので、母は働いており朝しか話せないとのこと。

高校か、中学校とその子の名前を聞こうかと思いましたが、
我が子がよぎり、聞けず。
我が子なら、自分から報告し、この電話にかけてくるはず。
その子もそうしてくれることを信じて、別れました。

帰宅して膝を見てびっくり。
血だらけで、テニスボールか小さなドッヂボールのように
腫れ上がっています。半端ない痛さです。
娘がお母さんは、あまり怪我したことなかったね、と
少し悲しそうに言いました。

119に電話し、救急病院について聞きました。
とにかく冷やしたほうがいい、ということで、冷やしましたら、
なんとかハレは引いてきました。
娘がかいがいしく、介抱してくれ本当に助かりました。

翌朝、その子に電話してみましたが、出てきませんでした。
もういいかな、と思ってしまっている私です。

こんな時、みなさんはどうされているのでしょう。
わたしは、たぶんこのままもういいわ、と何もアクションしないだろうな、と。

子どもたちは、もう一回電話したら、と。
それで反応無かったらもういいやん。と。

他のお友達は、出るまでかけたほうがいい。
SMSメールでコンタクトとったほうがいい、など。
ちゃんとメガネ代と治療費は払ってもらったほうがいい、などいろいろです。
でも、誰一人、もういいやんという方はいないことに驚きました。

その男の子、一晩、ドキドキしていたのではないか、
と思ったりしてしまう私です。さて、この先どうすればいいんだろう?

それにしても、外科に行き、数日間は風呂に入れないことになりました。
今日は、仕事も休むことになりました。
なにしろ足が、ガクガクのガタガタで、
生まれたての仔馬のようになっておりましたから。
膝って本当に大切ですね。

年齢には勝てないな、としみじみ思います。
毎日洗髪しないと気がすまないので、夕方からカットハウスで
シャンプーしてもらってきました。

当たり前のようにお風呂に入り、身体が洗えて洗髪ができる。
ただそれだけのことが、いかに幸せなことなのか、痛感。
幸せかけらをひとつ見つけ、感じることができました。


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。よろしくお願いします。
スポンサーサイト
コメント:
お大事に(;´・ω・)
まぁ、大変なケガではないですか!
大丈夫ですか?頭は打ちませんでしたか?
暴走自転車は本当に恐ろしい。

ご近所の方はそれで腕を骨折されましたが相手は逃げ去ったそうです。
その少年はまだ逃げなかっただけマシですがやはり事情はどうあれ1度はちゃんとお話しされた方がいいように思います。
少年が罪悪感を持ったままずっと過ごすのもチャオさんが納得できないまま仕事も休まなければならないのもスッキリせず良くないのでは?

それにしても他人後ではなく自分も孫を抱っこしてただけで筋肉痛と腰痛になってしまったので体を鍛えなくてはと思ってたとこです。
優しい子供さん達がいて良かったですね。
当たり前の事の幸せに気付けるチャオさんも素敵です。
お大事になさってくださいね。
2016/06/26(Sun) 21:35 | URL | クニ | [編集]
あたたかいコメントをありがとうございます
おかげさまでなんとか、傷口の痛みはひきました。
がひざの青たんと擦り傷がすごいです。
外科通いが続きそうです。

クニさん、お孫さんの成長が楽しみですね。
腰痛、特に気をつけてくださいね。
膝も大切にね。

等分自転車に乗れないのが辛いです。
ウォーキングを楽しみたいと思います。
2016/06/28(Tue) 22:44 | URL | チャオ | [編集]
おはようございます
それは大変でしたね。不自由この上ないでしょう。
私ならどうするか、と言うより母子家庭の母だった私が、息子がこの事故を起こしたらどうしたか?で考えたら「絶対言って欲しい。」です。
そのような事故を起こしたらどうなるか、後始末をどうするかを息子と一緒に責任持って償いたいと思います。その男の子は、今後も何か起きても放置する癖を覚えるのは彼の人生にとっても良くないと思います。
何よりまず、チャオさんの回復をお祈りします。
2016/06/30(Thu) 10:05 | URL | みりどらむ | [編集]
文章で見ると、やっぱりヒドイ話だわ。
お元気になられて良かったです。
チャオさんのおかげで、私も自転車の保険を再点検しました
ありがとうございます。
2016/07/27(Wed) 18:55 | URL | ちーさん | [編集]
コメントありがとうございます。
>みりどらむさん
ですよね。我が子どもたちも絶対報告してくれるはずなので、
信じてしまった私がバカでした。
気にかけていただきありがとうございます。

>ちーさん
あらためて思い返しても、やはりかなりの転倒でありました。
包帯ははずれたものの、両膝の中身が痛くてなかなか回復できずにいます。
自転車保険、いろいろ検討しています。
2016/07/28(Thu) 00:40 | URL | チャオ | [編集]
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。